翔んで埼玉

Movie

『翔んで埼玉』(2019年)

ジャンル:コメディ

上映時間:106分

監督:武内 英樹

出演:二階堂 ふみ、GACKT

<感想>

「東京へ行くのに通行手形が必要な埼玉県民が革命を起こす話」それをラジオで聞いている埼玉県民のお話。

埼玉県の壮大なる自虐PRの映画だなと。笑

出身が○○というので人を蔑んだらいけないし、劣等感も感じなくていいよね。

Article

・米国人驚愕「子が親の介護する日本」深刻な盲点

米国人驚愕「子が親の介護する日本」深刻な盲点 | 家庭
「あら、どうして?子どもが年老いた親の面倒をみるっていう義務が、そんなにはっきり法律に書いてあるの?」ハーバード・ロースクールの家族法の授業で、教壇のエリザベス・バーソレッテ教授が、片方の眉をつり上…

・「女性起業家」「ママ社長」の強烈な違和感。起業家が「令和の女性のロールモデルになる」と決意するまで

「女性起業家」「ママ社長」の強烈な違和感。起業家が「令和の女性のロールモデルになる」と決意するまで
なぜ男性は「男性社長」と言われないのに私だけ…。DeNAを辞めて起業したYOUTRUST代表の岩崎由夏さんが「令和の女性のロールモデルになる」と腹をくくるまで。

・AIが暴き出す「見せかけのESG」

AIが暴き出す「見せかけのESG」
AIに基づく自然言語処理プラットフォームが「企業の環境活動の大半は表面的なものにすぎない」と結論づけた。ESGを単に一時的な流行で終わらせないためには、より批判的な視点や監視の目を取り入れる必要がある。テクノロジーの力は企業に情報公開を促し、市民の声を届けることを可能にした。その力を活用しない手はない。
タイトルとURLをコピーしました