革命のファンファーレ 現代のお金と広告

Book

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』

著者:西野 亮廣

現在映画として上映中をしている『えんとつ町のプペル』が、絵本としてメガヒットをした際にとられた戦略や、現代のお金と広告についてが書かれている。

いかに信用を貯めていくのか?自分以外の人が動きたくなるのは何か?

凄いところは批判に対しても冷静に合理的に対応している、いやむしろ批判されることすらも予測して活かしている点だと思った。

Article

・Google では管理職をどうやって評価しているのか?

Google では管理職をどうやって評価しているのか?
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)大絶賛! 初の単著がたちまち3刷決定。 「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の根幹10X(テンエックス)思考法で、“リモート弱者”が“リモート強者”に変わる。 史上最強10の武器(アプリ)で...

・河野太郎氏が街頭で2時間繰り返した、たった3つのフレーズ33歳のときに掴んだ「たぶん未来永劫ない」大きなチャンス

河野太郎氏が街頭で2時間繰り返した、たった3つのフレーズ 33歳のときに掴んだ「たぶん未来永劫ない」大きなチャンス
乗り越える。「Climbers(クライマーズ) 2020 」 は、さまざまな壁を乗り越えてきた各界のトップランナーによる、人生の特別講義を提供するイベントです。Climber(= 挑戦者)は、何を目指し、何を糧にいくつもの壁に挑戦し続けることができたのか? 単なるビジネスの成功事例やTipsではなく、彼らを突き動かすマ...

・「いつでも相談してね」と言わないほうがいい

「いつでも相談してね」と言わないほうがいい
私たちはよく、「何か力になれることがあったら言ってね」「いつでも相談してね」と言います。しかし、Redditユーザーのusapeachesさんが2012年に指摘したように、これは正しい行動ではありません。なぜなら相手に、「自分から助けを求める」というタスクを背負わせることになるからです。
タイトルとURLをコピーしました