屍者の帝国

Movie

『屍者の帝国』(2015年)

ジャンル:SF/アニメ

上映時間:120分

監督:牧原亮太郎

出演:細谷佳正、村瀬歩

<感想>

屍を再生させ、兵隊・労働力として活用する様に世界中でなった。屍は話すことが出来ず魂はどこにいってしまったのだろうか?主人公の博士は屍になった友を再生させ魂の行方を探る。そして先人の研究家が遺した「ヴィクターの手記」とは?

綺麗な描写の中から非常にシリアスな内容が描かれている。屍が蘇生され兵力・労働力になっているのは便利かもしれないが人間にとって都合の良い道具とされている。実際苦しそうにも見える。

死者の尊厳、魂を大切に。

Article

・多様なライフスタイルを「共創する」コミュニティーを作ろう

多様なライフスタイルを「共創する」コミュニティーを作ろう
──文化で遊ぶことが憧れになるということは叶うでしょうか。石川 基本的に人間は、何かに「はまる」際、いま自分を委ねている既存の文化に飽き飽きしているのではないでしょうか。私の場合、在宅勤務で好き...

・行動科学に基づく人生訓。「苦痛」の先払いをすると、長期的により幸せになれる

行動科学が教えてくれる、物事の順序を変えるだけで幸福感を高める方法

・寝たきり高齢者でもリハ等でADL改善、介護データ集積・解析し「アウトカム評価」につなげる—社保審・介護給付費分科会

寝たきり高齢者でもリハ等でADL改善、介護データ集積・解析し「アウトカム評価」につなげる—社保審・介護給付費分科会 | GemMed | データが拓く新時代医療
介護保険制度の理念である「自立支援・重度化防止」を推進するために、リハビリテーションなどの取り組みを評価(プロセス評価)するにとどまらず、その効果・成果を評価する「アウトカム評価」を推進していくべきではないか—。 寝返りすら困難な「寝たきり高齢者」であっても、座位の保持などの適切なケアを行うことで、状態が改善するケース...
タイトルとURLをコピーしました