最悪のバターンを想定するという攻め

Opinion

『最悪のバターンを想定するという攻め』

攻めるという言葉を聞くと、最高の理想を頭に浮かべて、それに向けて進んでいくのがイメージしやすいのではないか?

僕の中であるのが、最近は逆である。最悪のパターンを想定している方が妙に楽しくて行動しやすいのだ。

というのも最悪のパターンと言うのはあくまで勝手な想像であり、取り越し苦労の事が多い。ただ、だからと言って油断はできないのである。

その最悪のパターンを想定しているとどうだろうか。案外と具体的な内容が出てくる。そしてその内容は保守的なものばかりではなく、建設的な内容も出てくる。

強固な盾は、殴ってきた相手の手を痺れさせる事が出来る。守りは時に攻めに転ずるのだと思っている。

Article

・勉強前の運動、わずか2分でも脳が活性化か スウェーデン研究

勉強前の運動、わずか2分でも脳が活性化か スウェーデン研究
勉強を始める前に気分がだるかったら、わずか2分間の運動をするだけでも脳が活性化する可能性がある――。そんな研究結果が先月、医学誌トランスレーショナル・スポーツ・メディシンに発表された。

・もしも、個人データがすべて一斉に漏えいしたら私たちはどうなるの?

もしも、個人データがすべて一斉に漏えいしたら私たちはどうなるの?
プライバシー・パラドクスを考え直したくなる?私たちのスマホやパソコンには、他人に見られることを前提としていないデータで溢れていますよね。個人的なメ...

・「仕事を遊びに変えている人」が一番成功する理由

「仕事を遊びに変えている人」が一番成功する理由
「成功する人は、普段からどのようなことを考え、どのような行動をとっているのだろう?」 そのような疑問を心に浮かべたことがある人は、多いのではないでしょうか。 『成功者がしている100の習慣』はまさにそのような疑問に答える一冊です。リーダーシップ・コーチングやメンタリングの分野で国際的に活躍し、香港・ブダペスト・サン...
タイトルとURLをコピーしました